株式会社テラダ 創業100周年記念誌
10/20

10[ 昭和21年~昭和40年 ]1946昭和21年食糧難時代にて精米機、製粉機、製麦機の販売を再開する。1952昭和27年2月1日資本金100万円にて有限会社寺田鉄工所を設立。寺田一雄が2代目社長に就任する。1953昭和28年1月30日初代寺田主計死去。昭和26~28年株式会社中島製粉機製作所全国代理店50有余社中3年連続第1位の販売成績を獲得。1958昭和33年深谷市本住町199番地に店舗を新築移転する。1961昭和36年営業内容も食糧加工機、管工機材から更に業種を増大。機械工具、工作機械、家電製品の販売を拡大する。社名を寺田商事有限会社に変更し、資本金を240万円に増資する。1946-19651958.4.吉日(昭和33年)深谷建設(大沢力弥) 深谷市本住町199番地 上棟式1949.3.24(昭和24年)国立鴻巣農事試験場 創立25周年記念全国農機具展覧会にてメーカー中島製粉機(大分県)出品1949.3.24(昭和24年)中島式自動製粉機 埼玉県代理店として出店1956.10.1~2(昭和31年)寺田の販売店を大阪金属工業(ダイキン)へ招待水中ポンプ・塩ビパイプ工場見学会1958(昭和33年) 新店舗新築移転 182番地より199番地に1955.1.2(昭和30年)初荷風景

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です