株式会社テラダ 創業100周年記念誌
6/20

06100年の歩み 弊社は、明治45年6月1日深谷市深谷182番地にて創業者、寺田主計が個人経営の寺田鉄工所を創設したところからスタートしました。昭和8年合資会社中島製粉機製作所と代理店契約を結び食糧加工機械の販売を始めました。その後、第2次世界大戦により数年間中断しましたが、昭和21年食糧難時代の中で精米機・製粉機・製麦機の販売を再開しました。昭和27年2月1日資本金100万円にて有限会社寺田鉄工所を設立して寺田一雄が2代社長に就任しました。 しかし翌、昭和28年1月30日初代社長死去に伴い、2代社長寺田一雄は、その後の営業内容を食糧加工機械から管工機材そして機械・工具と家庭電化製品へと増大していきました。 昭和36年資本金240万円にて名称を寺田商事有限会社とし商社として一歩前進しました。そして、昭和47年4月資本金2,000万円にて社名を変更し株式会社テラダを創設し、5月1日より現在地の新社屋と新倉庫にて営業を開始しました。平成4年10月創業80周年を期に寺田喜光が3代目社長に就任し現在に至っております。The pace in 100Kazue TeradaKazuo TeradaYoshimitsu Terada歴代社長All the past presidents2代社長現 取締役会長寺田 一雄(1952 - 1992)初代社長寺田 主計(1912 - 1952)3代社長現 代表取締役社長寺田 喜光(1992 - )カヅ エ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です